会則


● 見たい内容にJumpできます ●

『 会則 』    『 専門委員会に関する細則 』    『 会計規定 』




第1章    総  則
(名称および事務所)
第1条 本会は、さいたま市PTA協議会中央区連合会(略称:中央区P連)と称し、事務局をさいたま市PTA協議会内におく。
(目 的)
第2条 本会は、家庭、学校及び地域における最善の教育を目指し、PTA活動の発展と児童、生徒の福祉を増進することを目的とする。
(事 業)
第3条 1  本会は、前条の目的を達成するため、以下の事業を行う。
@研究会、講習会及び講演会の開催
A構成団体間及び関係団体と連絡協調をはかる
Bその他、本会の目的達成に必要な事業
2  本会は、政治、宗教に係わる事業は行わない。

第2章    構成及び会員
(構 成)
第4条 本会は、さいたま市中央区域市立学校PTAをもって組織する。
(会 員)
第5条 本会の会員は各校PTA会員とする。
(構成団体および会員の平等)
第6条 構成団体は構成団体間で、会員は会員間でそれぞれ平等の義務と権利を有する。

第3章    役  員
(役員および定員)
第7条 本会に以下の役員を置く。
@会   長  1名
A副会長  3名(P2名・T1名)
B理   事  若干名
C会   計  2名
D監   事  2名
E幹   事  若干名
F専門委員会委員長  3名
G市P協理 事  3名(内1名は区P連会長が兼任)
(役員の職務)
第8条 役員の職務は以下の通りとする。
@会長は、本会を代表し会務を総括する。
A副会長は、会長を補佐し、会長事故ある時はその職務を代行する。
B理事は、別に定める会議を通じて本会の運営にあたる。
C会計はこの会の会計事務を担当する。
D監事はこの会の会計監査を行う。
E幹事は本会の運営にあたる庶務をつかさどる。
F専門委員会委員長は、各委員会の運営にあたる。
G市P協理事は、さいたま市PTA協議会における活動に参画する。
(役員の選出)
第9条 役員は、次の方法で選出し、総会の承認を得るものとする。
@会長・副会長は、理事会において選出し、総会の承認を得る。
A理事及び市P協理事は理事会において各校PTA会長から選出し総会の承認を得る。
B市P協理事が区P理事を退任する場合、理事会で必要と認めた場合は連合会の理事としいて市P協理事を継続できる。
C会計、監事、幹事、専門委員会委員長は、理事会において選出し総会の承認を得る。
(役員の任期)
第10条 1  役員の任期は、1年とする。ただし、再選を妨げない。
2  役員に欠員ある場合、補充することができる。任期は前任者の残任期間とする。

第4章    サポーター
第11条 会長が必要と認めた場合、理事会の承認を経て、本会事業を円滑に進めるために、サポーターを選出することができる。

第5章    会  議
(総会)
第12条 1  総会は、役員および代議員3名をもって構成され、本会の最高議決機関とする。
2  総会は次の事項を審議する。
@会長、副会長等第7条に記す役員の承認
A事業報告および決算報告の承認
B事業計画および予算
C会則改正
Dその他本会の運営上重要な事項
3  代議員は各校PTA から3名選出する。
     但し、区役員は代議員になることができない。
4  定期総会は、毎年1回年度当初に開催する。
     但し必要に応じて臨時に開くことができる。
5  総会の召集は会長が行う。
6  総会の議長は出席者の中からこれを選出する。
7  総会は総会の構成員の過半数をもって成立する。
8  総会の決議は、出席者の過半数をもって決する。
     但し可否同数のときは議長の決するところによる。
(理事会)
第13条 1  理事会は会則第7条に定める役員をもって構成し会の運営及び重要事項について審議し、報告、承認、議決を行う。
2  理事会の召集は、会長が行う。
3  サポーターは、オブザーバーとして、理事会に出席することができる。
(会長会)
第14条 会長会は各12校のPTA会長で構成する。
第15条 会長会は会の運営および重要事項について審議し、理事会に付議する。
(専門委員会)
第16条 本会には、校外対策、広報、成人教育の3専門委員会をおく。
第17条 専門委員会に関する細則は、理事会の議を経て、別に定める。

第6章    会  計
第18条 本会の経費は、各校PTAからの会費およびその他の収入をもってあてる。
第19条 本会の会費は、会員1名当たり80円とし各校PTAが負担する。
第20条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第7章    さいたま市PTA協議会
第21条 さいたま市PTA協議会の理事3名を理事会が役員から選出する。
内1名は中央区連合会会長が兼任する。
第22条 会長は各校PTAのさいたま市PTA協議会に対する会費を、第18条の会費より拠出し、これをさいたま市PTA協議会に納付する。

第8章    補  則
第23条 本会の運営に関し、必要な細則は理事会で審議し決定する。

附則
この会則は、平成15年6月5日から施行する。
                   平成16年6月4日改正
                   平成23年6月10日改正
                   平成27年6月12日改正





第1条 会則第15条、16条に関する専門委員会について、この細則の定めるところによる。
第2条 専門委員会は、本会の活動に必要な事項を調査・研究・企画・立案し、理事会に報告すると共に積極的な活動推進をはかる。
第3条 1  専門委員会は次のとおり常設する。
@校外対策委員会 校外における地域の安全・環境整備と四校連絡協議会に関すること
A広報委員会 広報活動を通じて会員への情報提供と市P協ホームページの活用に関すること
B成人教育委員会 家庭教育学級合同研修会に関すること
各校PTAの家庭教育学級の情報提供
2  必要に応じ、特別委員会を設置することができる。委員会の設置およびその名称、内容等必要な事項は理事会で定める。
第4条 専門委員会は、理事会の互選または推薦によって選出された委員長と各校PTAより選出された委員をもって構成する。副委員長は委員の互選によって選出するものとする。
第5条 委員は、各校PTAより各専門委員会ごとに2名ずつ選出する。





第1章    会  費
(本会への会費)
第1条 会費は各校PTAが年度当初に本会へ納入する。
(さいたま市PTA協議会への会費)
第2条 会長はさいたま市PTA協議会に対する会費を毎年7月末までにさいたま市PTA協議会に納付する。

第2章    派遣費
(派遣費)
第3条 本会の役員および委員が、会務のため区外出張をした場合、次のとおり派遣費を支給する事ができる。
@交通費  自宅を起点とする交通機関の実費とする。
A宿泊費  宿泊を伴う場合、理事会で審議し金額を決定する。


○この規定は、平成15年6月5日より施行する。
                      平成16年6月4日改正


Chuo  Ward  PTA