会長挨拶 会則 事業計画 役員名簿


 

さいたま市PTA協議会岩槻区連合会会則

第1章  総則

(名称及び事務所)

この会は、さいたま市PTA協議会岩槻区連合会(略称「岩槻区PTA連合会」または「岩槻区P連」。以下「本会」という。)と称する。
本会の事務局をさいたま市PTA協議会内(さいたま市大宮区大門3−1)に置く。

(目的)

本会は、岩槻区の各小中学校PTAの連絡を密にし、各校PTAに共通する課題の解決、要望の実現、世論の喚起などにつき、各校PTAが協力して健全な発展と向上を図ることを目的とする。

(事業)

本会は、前条の目的を達成するため次の活動を行う。
PTA相互の連携を密にし、PTAの運営の進展に努める。
教育環境の浄化と郊外指導などに協力し、児童生徒の安全と福祉を促進する。
学校教育の充実を促進するために調査研究し、視察・講習会を通してその対策を図る。 本会は、政治・宗教に関わる事業は行わない。

構成及び会員

(構成)

本会の構成団体は、さいたま市岩槻区内の公立小中学校PTA(以下「各校PTA」という。)に属するものとする。

(会員)

本会の会員は、各校PTA会員とする。

(構成団体及び会員の平等)

構成団体は団体間で、会員は会員間でそれぞれ平等の義務と権利を有する。

役 員

(役員及び定員)

本会に、次の役員を置く。
会長             1名
副会長             5名(P3名、T2名)
常任理事            若干名
理事              若干名
代議員             若干名
会計監査(理事)        2名
幹事              若干名
顧問
さいたま市PTA協議会理事 3名

(役員の任期)

役員の任期は、1年とする。ただし、再選を妨げない。
役員に欠員が生じたときには、これを補充することが出来る。補充役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(役員の職務)

役員の職務は次の通りとする。

  • 会長は、本会を代表し、会務を統括する。また、総会・臨時会・常任理事会・会長会・専門委員会を招集し、その議長を指名する。
  • 副会長は、会長を補佐し、会長事故ある時は、その職務を代行する。
  • 常任理事は、常任理事会を構成し、本会の運営に関する事項を審議決定する。
  • 理事は、必要有れば常任理事会に出席し、本会の運営に関する事項を審議する。また、本会の総会に出席し、総会の審議に参画する。
  • 代議員は、本会の総会に出席し、総会の審議に参画する。
  • 会計監査は、本会の会計を監査する。
  • 幹事は、会長の指示により、本会の庶務・会計の事務を行う。
  • 顧問は、会長の諮問に応じる。
  • さいたま市PTA協議会理事は、さいたま市PTA協議会役員となりその職務を遂行する。

(役員の選出)

第10条 役員の選出は次の通りとする。

  • 会長、および副会長は、常任理事会において構成PTA会長または、PTA会長経験者より互選し、総会の承認を得るものとする。ただし、副会長のうち2名はT側で互選する。
  • 常任理事は、会長、副会長、顧問、構成PTAの会長及び校長とする。
  • 理事は、構成PTAの副会長とする。
  • 代議員は、構成PTAの本部役員とする。
  • 会計監査は、常任理事会で互選し、総会の承認を得るものとする。
  • 幹事は、常任理事会で互選し、総会の承認を得るものとする。
  • 顧問は、常任理事会の推薦による。
  • さいたま市PTA協議会理事は、常任理事会で互選し、総会の承認を得るものとする。

会 議

(総会)

第11条
総会は、役員をもって構成され、毎年1回年度初めに開催し、次に事項を審議する。但し、必要に応じ会長は常任理事会の要請により、臨時会(顧問・会長・副会長・常任理事・幹事で構成)を開くことができる。

  • 事業報告、事業計画
  • 決算の承認、予算の決定
  • 役員の承認
  • 会則の改廃
  • その他の必要事項
  • (常任理事会)

第12条
常任理事会は、常任理事をもって構成され、次の事項を審議決定する。

  • 総会に付議する事項
  • 規定の制定・改廃に関する事項
  • その他の事項

(会長会)

第13条
会長会は、会長、副会長、顧問および各校PTA会長によって構成され、次の事項を審議する。

  • 常任理事会に付議する事項
  • 事業の計画・運営に関する事項
  • その他、会長が必要と認めた事項

(専門委員会)

本会に次の専門委員会を置き、必要に応じ会長の許可を得て随時開催する。

  • 中学校委員会
  • 小学校委員会
  • その他(常任理事会で承認)

会 計

(経理)

本会の会計は、各校PTA負担金およびその他の収入によってまかなわれる。

(負担金)

第16条 各校PTAは、会員数に応じた負担金を支払う。
第17条 負担金の額は、総会において定める。

(会計監査)

第18条 本会の経理は、会計監査を経て総会に報告され、承認を得なければならない。

(会計年度)

第19条 本会の会計年度は、4月1日より翌年3月31日までとする。

補 則

第20条 本会則の施行に関する細則およびその他必要な規定を別に定める。

[附則] 
  1. 本会則は、平成17年6月10日より施行する。
  2. 本会則は、平成19年6月1日より改正実施する。 (第10条@、第10条A、第13条)

岩槻区PTA連合会運営に関する細則

この細則は、さいたま市PTA協議会岩槻区連合会会則第20条に基づき、同会則の運営に必要な事項を定める。
本会の各校PTA間の連絡を密にする為、会長は運営委員を任命することができる。
本会は、運営委員に対し経費を支給することができる。

[附則] 1.本細則は、平成17年6月10日より施行する。

岩槻区PTA連合会会計規定

第1章  負 担 金

負担金は、各校PTA会長が会員より徴収し、本会へ納入する。
会長は、さいたま市PTA協議会に対する負担金を、毎年6月末日までにさいたま市PTA協議会へ納入する。

派 遣 費

本会の役員が、会務で区外へ出張するとき、派遣費を支給することができる。ただし、派遣先より支給ある場合は除く。
派遣費は、岩槻駅を基点とする公共交通機関の実費を上限とし、支給額は正副会長が協議の上決定する。

慶 弔 費

本会の役員並びに関連団体の長に、慶弔費を支給・贈呈することができる。
本会の役員並びに関連団体の長に、前条に該当する事実が発生したときは、会長に届け出るものとする。これを認知したもの又同じ。
第5条の金額は、5,000円を贈るものとする。
特別の場合は、正副会長が協議の上決定する。

 

第4章  そ の 他

その他本規定にない会計については、正副会長が協議の上決定する。

[附則] 1.本規定は、平成17年6月10日より施行する。